失語

市井に生まれ、そだち、生活し、老いて死ぬまで

我がスキンケアーその 2ー

前回までが本当に最低限のケアって感じでした。
で、書くの忘れたんだけど朝のスキンケアの場合、絶対に忘れちゃダメなのが日焼け止めね。

これ、大前提かと思いきや、まだまだそんなことはないと知ったので改めて啓蒙致します。

f:id:nekochanchang:20211129145737p:plain

有名なこの写真ね

高い安いよりも、”適量を継続的に塗る”ことが圧倒的に大事だよ。
ケチって塗るのもダメだし、曇りだから、家にいるから、で塗らないのもダメ~!とにかく毎日朝は塗るべし。

特に男性でいきなり見た目がガクッと老ける人に多いのが、UVケアをしてこなかった人。シミと皺が一気に増える人多いよね。美白・美容のためではなく、健康のために老若男女関わらず必要なものだよ。

米国皮膚科学会(AAD)は1月17日、米国癌協会(ACS)の悪性黒色腫が男女ともに増えているとする「2013年癌統計報告」を受けて、「皮膚癌は容易に防げる」と解説。中でも日焼けをすべきではない点が重要と強調している。

 AADは皮膚癌が外部から発見できる点で早期発見しやすい癌であると説明。さらに、一般の人でも確認できる点が重要と触れた。

 その上で、「皮膚癌を減らすために、最も重要なのは紫外線を防ぐこと」と強調。日陰に身を隠す、皮膚を覆う、日焼け止めを塗布、日焼けマシンを使用しない、と注意点を挙げた。

「日焼けするな」米皮膚学会 【米国皮膚科学会】 | 臨床ニュース | m3.com

 

で、私はかなりの面倒くさがりなので、

  1. 荒れない
  2. べたつかない
  3. 簡単に塗れる
  4. 高すぎない
  5. 塗る場所
  6. 紫外線の強さ

を基本に選んでる。日焼け止めは合う合わない(ベースメイクとの相性もあるし)が顕著なのでばっちりなやつ見つかると嬉しいよね。

1年中毎日使ってるのはこれだよ。
可愛いしポンプ式で便利だしなんなら3倍くらいの大きさでもいい。スキンケアした流れで顔と首、手にパパっと。在宅勤務のときはそれで終了。

 

イデアで感動したのはこのスティックタイプ。韓国が先駆けだったよね?さすがの美肌大国。生活に根差したアイテムをフットワーク軽く作るところ本当にすごいと思ってる。

首とか耳の後ろ、デコルテとか塗りにくい場所にいいし、出先でもべたつかないからサッと塗れて便利。今は日本でもたくさん出てるので好みのを選べるのもうれしいね。
おもちゃみたいなキッチュ感もかわいい。

 

髪にはこれ。
ってもかなり忘れがちだけど…。かなりダメージヘアなので、本当に日差しが強いときには使うようにしてます。一番効果的なのは帽子&日傘という物理シャットアウトだけどまあ、いつもできるわけじゃないしね。
個人的に香りはいらないのでクリア(無香料)を使ってるヨン。

物理の場合はこちらをかぶってます。

 

旅行先やアウトドアなんかでSPF高めが必要なときはこちら。

王道だけど、ちゃんと改良が繰り返されてる良品。日焼け止め特有のキシキシ感が苦手な人って多いと思うんだけど、これは本当にサラッと塗れる。落とすのも簡単だからかなり心理負担が減ったよ。

資生堂の企業努力は素晴らしいと思う。もちろん、大きな企業だからこそ色々な問題点もあるのは承知だが、技術力は評価されてしかるべきだよね、と思う。

アリーもかなり良さそうなので次買おうかな。

オーガニックの日焼け止めも色々使ってきたけれども、使用感がやはりケミカルにはまだまだ劣る。
海含め環境のことを考えるとそういう選択肢を取るべきだし、必要なマインドだとは思うんだけど、何事もバランスよく取り入れていけたらいいなと思う所存。
化粧品に限ったことではないが。

 

あらら日焼け止めの話だけで終わってしまった。
続きます。