失語

市井に生まれ、そだち、生活し、老いて死ぬまで

我がスキンケアーその 3ー

日焼け止めについての熱い気持ちは伝わったと思うので、ここからは+αで使ってるアイテムだよ。
私の場合は美容液だパックだってやりすぎると確実に荒れるので、そのときの状態に合ったもの1~2個足す感じ。

基本的なことはこの方のTwitterにうまくまとまってるので参照してちょ。

1.フェイスパック

フェイスパックね、私ももちろん大好きなんですよ。
なんか”美容やってる感”あるし、実際肌もっちもちになるしね。

ただかかりつけの皮膚科の先生に「いつも肌が乾燥してる人ってフェイスパックやりすぎて肌がふやけちゃってる人が多い。バリア機能が下がって荒れやすくなるし、自分の水分は自分で作り出せるようになったほうがいい」って言われて目鱗。

確かに、パックって使った最初は調子いいんだけど何日か経つとむしろ荒れることがあって「合わない成分が入ってたんだ」って思ってたけど(もちろんそれもゼロじゃないんだろうが)、肌が弱ってたんかーい!って。

なので明日は絶対化粧ノリ良くしたい!(実際キメが整ってハリは出るので)ってときにだけ使うように変えました。
毎日使ってもペッカペカの美肌の人は、お肌つよつよの民だと思ってください。

そんな中で好きなのは結局メディヒールシリーズ。トラブルが起きづらいし保湿力がすごい。

これ見て慌てて自分が買ったのの確認したよね。全く!私はEXが一番合う気がしてる。
一番有名な青いやつとティーツリーのが好きです。

FEMMUEとかもたまに買うんだけど、素材がなんかわけわからんしベッタベタになりすぎて「これは…クリームを塗ったほうがいいのでは?」ってなるので個人的にはあまり好きではない。

例外だと、乾燥しやすい温泉とかホテルステイにはパックを持ってくよ~。
旅行だと大体酔ってるので、スキンケアに時間かけるのもだるいし付けてる間に髪乾かせば時短になるので。

2.ナイアシンアミド

f:id:nekochanchang:20211201100921p:plain

最近かなり話題の成分、ナイアシンアミド
穏やかな効果だけどわりと万能ってイメージ。

私が買い始めたときは国内の製品が全然なくてThe Ordhinaryをリピート買いしてたけど、最近かなり選択肢が増えてるね!

何かで10%以上のものが効果的って読んだので選んでるけど、ボディ用とか用途に合わせて選ぶと良さそう。

私はよくわからない極小のブツブツに効果あり。先輩もザラつきが消えた~って言ってた。シミシワたるみ、美白にも効果が期待できる上に刺激が少ないので持ってて損はないのでは?って感じ。安いし。

3.レチノール(ビタミンA)

これもバズ成分なのでアタイがどうこう言うまでもないんだけどさ。アメリカ皮膚科学会もこう言ってますし。とりあえずシワに効果があることがわかってる成分。
ただ、使い方がむずい。これに関しては一回ちゃんと医師の話を聞くべきだと思う。

最も効果的な製品を選ぶため、配合成分に注意を払う。例えば、にきびになりやすい肌には過酸化ベンゾイルまたはサリチル酸配合の洗浄剤を、また小じわにはレチノールを含む製品を選ぶ。

経済的なスキンケア7の助言を公表【米国皮膚科学会】 | 臨床ニュース | m3.com

有名なのはエンビロンとかゼオスキンかな?私はその辺のドクターズコスメに手を出したことないのでわからないんだけど。
ビタミンAって一口に言っても実は色々な種類があるんよね。

始めは皮膚科で「トレチノイン(レチノイン酸)使ってみたいんです」って言ってちっちゃいの買ってみたんだよね。その際に結構真剣に使い方の注意をされたから「あ、生半可に使っていいものじゃないんだな」って思って。

なんとなくごわつく口周りにとりあえず塗って数日。グロすぎて載せられないけど、とんでもない皮むけ。一応下調べしてたからそうなることはわかってたんだけど、それでもすごい。在宅+マスクじゃないと到底無理ってくらい。
逆か、コロナだから流行ったんか。

とにかくピーリング力がすごいからつるっつるになるし、シワやシミに効く。ただ本当に強いので濃度を考えながら取り入れるのが一番いいよね。

そして冷蔵庫保管が基本(化粧品はその限りではない)だから、取り扱いもちょっと大変。そんな経緯もあって、今は顔にたまーにMurad、体にはiHerbのを使ってるよ。

ただ、これに限らずだけど、レチノールは妊婦さんや妊娠希望の方には禁忌なので何事も使う前にちゃんと調べる&医師に聞いてね!鉄則よ!

 

どうしよう、終わらない…