失語

市井に生まれ、そだち、生活し、老いて死ぬまで

LITTLE SUNNY BITE 10周年おめでどう~YOPPYへの愛を添えて~

ここ最近あったこと。

 

友人のYOPPYが主宰してるブランド、little sunny biteが10周年のお誕生日でショー&パーティーをするってことで、お祝いに。

 

原宿駅を降りたらドーン!と会場が。

 

YOPPYとなんで仲良くなったのか、正直その詳細は覚えてないんだけど、
ブランド創設前から知り合いなのでかれこれ10年以上は友だちだと思う。

彼女は芸能人とか著名人の友だちも多くて、最初は“ファッション業界の中でも目立つ人”って感じで、近寄りがたい感じだったかも。

 

仲良くなったきっかけは、そうそう、Estherだな。

これは先日のエスターのイベント

ここに書いてたね。

まあそんな感じで。

YOPPYは話してみると、いわゆるわたしが苦手とするキャピっと業界人とはちょっと違ってて、そんなに頻繁に会うわけじゃないのにスッと話が始まって無理しなくても普通でいられる。

最初はそれがすっごく不思議だったのね。なんでこの人は違うんだろうって。

 

でも今改めて考えてみると、めちゃくちゃフラットな人なんだなと気付いた。

 

上記の“キャピっと業界人”って、あからさまに有名か否かで態度を変えるのよ。嘘みたいだが本当に。

例えばわたしが人気のモデルさんといたとして、二人でいるときはキャピ業も丁寧に接してくるが、その子がいなくなるとまるでいないかのように扱われる。

そんなこと、割と日常茶飯事だったがする。

こちらもそういうときの動きがうまくなくて、キャピれないし太鼓持ちができないから余計に浮いていって…みたいな。

(もちろん言うまでもなく業界の人が全員そういうわけではないよ。当然。ただ、他よりは多いと思う。

あと、結局こういう選民思想で仕事してる人ってあとあとボロボロになってる人割といる気がする。)

 

 

最初はYOPPYもそういう人だと思ってて(すまん)、近寄りがたかったが
蓋を開けたら全然そんなことなかった。

とにかくおもしろそう、やってみたい、ってことに一生懸命で、
相手が有名かどうかとか、年上か年下かとか、そんなんよりも楽しい!気になる!が原動力で。

そんな人なんだな。

つらいことだってたくさんあるだろうに、いつもニコニコしてて(ほんとにニコニコなのよ)尊敬する。

 

ブランドを10年続けるってことだけでもものすごいのに、今回こんなHAPPYな場まで用意して、何者なんだ、って感嘆した。

人を喜ばせたい、楽しんで欲しいって気持ちが駄々洩れで、そんな夢みたいな空気の中でわたしは溺れないように必死になるしかなくて。

 

 

今をときめく子たちが楽しそうに歩くランウェイ、フィナーレはYOPPYも混じってみんなでダンス。

 

思わずちょっと泣いてしまった。

 

 

YOPPYおめでとう、愛を込めて!